サイクルツイスタースリム
  • 栄養ドリンクで糖尿病になる?

    風邪気味で具合が悪いから、のどが渇いたからなどという理由で栄養ドリンクを水のように飲んでいる方を見かけたことはありませんか?栄養ドリンクを飲み過ぎると高血糖の状態を引き起こしてしまうことが分かっています。「ペットボトル症候群」という言葉がある様に、ペットボトルの清涼飲料水同様、栄養ドリンクも100mlと少量ですがその液体の中には飲みやすさを先行させたり、疲労回復を早めるために糖質が多く含まれている商品もあります。1本当たりのカロリーも高い栄養ドリンクも存在しているために、用量を守らないとカロリーオーバーで肥満の原因となったり、体調不良を引き起こしかねないと考えられています。

    糖尿病患者の方が、カロリーコントロールや食事で補いきれない各種栄養素を補給するために栄養ドリンクを飲用することもあります。飲み過ぎると糖尿病の改善が遅れてしまうことがありますので、成分等をしっかりと確認し、栄養士や医師に相談の上で飲用されることをお勧めします。

    近頃の栄養ドリンクは、糖分をアステルパームなどの人工甘味料に置き換えて、カロリーオフを実現させた商品も目立ってきています。糖類を一切含まないタイプの栄養ドリンクもありますので、健康に気を遣っている方は、ぜひともカロリーオフタイプの栄養ドリンクを選択するとよいでしょう。また、1日1本という指示を守って服用しましょう。またほかのサプリメントと併用されている方は、栄養素が重複しないか確認してから服用します。たいていの栄養素は尿と一緒に排出されますが、中には摂取過多による中毒を引き起こすものもあります。

  • 女性のための栄養ドリンク

    コンビニで売られている栄養ドリンクを飲むのは何となくオヤジっぽくて苦手などという方は多いことでしょう。ですが女性も男性同様疲れていることが多いですね。また毎月の月経などの関係で貧血を起こしがちだったりと仕事や生活に支障が出てしまう時がある方も多い事でしょう。

    女性のための栄養ドリンクも多種多様に販売されています。鉄分配合を重視した栄養ドリンクや肌荒れ解消のためのビタミンが含まれた栄養ドリンクなどはコンビニでも気軽に購入することができます。また美肌を目指す方には、コラーゲンやコエンザイムQ10、ビタミンCを含んだ栄養ドリンクも販売されています。このようなドリンクはダイエットを気にする女性のためにローカロリーをうたっている商品が多くあります。またビタミン特有の味を軽減させるために、リンゴ味などといった風味付けをしているのも特徴です。パッケージもおしゃれなものが多く、たいていの商品は女性の手にすっぽり収まるようなスタイリッシュなパッケージデザインを施し、50mlという少量でも手軽に栄養補給ができるように心配りがされています。

    一般的な栄養ドリンクと比較すると、価格が若干高めであるのがデメリットですが、鉄分や各種ビタミンの濃度を高めている結果ですので納得できることでしょう。逆にカフェインを含まない商品が多いので、栄養ドリンクで胃もたれや胸焼けを起こした経験がある方でも安心して飲むことができます。

  • 青汁と栄養ドリンクどっちがいい?

    栄養ドリンクと一番比較される飲み物として青汁があります。栄養ドリンクは徹夜でお仕事をしたいとかなら大丈夫なのですが、飲んだ後の疲れ方がハンパじゃありません。それに比べて青汁は便秘にも良いしとても健康面でも最高なのでおすすめですよ。詳しくはこちらの青汁サイトで調べてみてはいかがでしょうか?

TOPPAGE  TOP